+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
6月5日 天玉そば
電車が遅延していたため、新橋ではなく神田で途中下車。

今日はかめやへ寄ろうと思っていたので、久々に神田東口店で天玉そばを注文した。



店に入ったのが朝の9時頃。

神田界隈では9時始業の会社が多いせいか、店内にはお客は自分だけ。

貸切状態でそばができあがるのを待っていた。

すると一人のスタッフがテーブルの上を雑巾で吹き始めた。

ピークもひと段落した空いた時間に掃除とは感心なことだと思っていると、今度は床をモップで吹き始めた。

(これはもしかして本格的な店内掃除・・・ まずい時間に来てしまったのかも・・・)

そうこうしているとそばが出来上がったので食べ始める。

さすがにそばを食べている自分から遠いところではあるが、掃除は止める様子は無い。

モップが床をこする”ゴシゴシ”という音がしっかりと聞こえてくる。

なんとなく居た堪れなくなっていつもより早くそばを食べて店を出た。



店を出て思ったのだが、そういえば新橋店では機械のメンテナンスをしている現場は目撃したけど、掃除をしている時に遭遇したことは無い。

新橋店も平日はほぼ24時間営業のはずなのでいつ掃除をしているのだろうか?

妥当な予想だと週に1日は定休日があるので、店を閉める前後の時間には掃除をしている気もするが果たしてどうなんだろう?

立ち食いそば屋に清潔さはそんなに求めてはいないが、飲食店だけに最低限の清潔さは保ってほしいとは思う。

はたして新橋店の掃除の時間とは????


今日の天玉そば



| 神田東口店 | 10:16 | comments(0) | - |
9月13日 玉子そば
朝からかなり激しい雨の東京地方。

そのせいか電車も混んでいて蒸し暑く不快指数が高まるばかり。

電車が都心に向かうつれ雨の激しさはひどくなる。

(新橋で降りると一旦傘を出してかめやに着いたら傘を閉じて、かめやから出たらまた傘をさして、駅に着いたらまた傘を閉じて・・・)と考えていると傘の出し入れが面倒になってきたので、思い切って神田で途中下車した。

かめやの神田東口店ならガードしたを通りを抜けたところからダッシュすれば2〜3秒で店に着く。

そうすればほぼ雨に濡れなくても済むはずだと判断して早速実行。

確かに2〜3秒で店には着いたけど、わずかの間でも結構濡れてしまったことは誤算だった・・・



店に入ると思ったよりも空いていたので、すぐに座れた。

神田東口店は以前持ち帰りそばを買いに来たときには気付かなかったけど、店全体が椅子席になっていた。

以前はは椅子席と立ち食い用のスペースが店の半々だったと記憶している(もしかして時間帯で割合が変わるのかもしれないけど・・・)

玉子そばを注文して代金をカウンターに置く。

このあたりは新橋の様に待ち行列を作ることないのでいいシステムだと思う。

その分店のスタッフが動き回らないといけないので、スタッフには厳しいかもしれないけど。

そばを一口すすると、持ち帰りそばを買って自宅で食べた時に感じたことだが、新橋店のそばに比べると粉っぽい気がした。

麺の仕入れは全店共通だと思うけどどうなんだろう?

それともそばの管理方法が店ごとに違っていてその結果が差になっているのか?

それとも自分の舌が「バカ舌」なのか・・・?



そばを食べ終わって店を出ても相変わらず雨は激しく降っていた。

またダッシュでガード下まで辿り着いたけど、やっぱりそこそこ濡れてしまった。

まあ、それでも傘の出し入れを2往復することを考えると手間が少なくて済んだので良しとしよう。

そしてこれからは雨の日なら新橋じゃなくて神田東口に行くのも有りかもしれない。

ひとつ引っかかるのは神田東口のほうが新橋より値段が10円高いこと・・・

手間暇の省略賃が10円というのは安いような高いような・・・





今日の玉子そば

| 神田東口店 | 09:36 | comments(0) | - |
2月4日 イカ天玉子そば
時々無性にイカ天そばが食べたくなる。

そんなわけで今日は神田東口まで行ってイカ天そば+温玉を注文した。

時間帯が昼下がりだったせいか、麺も作り置きの感じでのびていた様な気がしたし、ダシも少し煮詰まっている感じだった。



立ち食いそばに限らないと思うが、食べ物屋で美味い時間帯というのは店が忙しい時間帯(かき入れ時)なんだろうと思う。

店に客が居なくて、店員がのんきにしゃべっていたりするような時間帯は店や店員の感じが出される物にも反映されているんじゃないかと思う。

「久々のお客だから精魂混めて作りました」なんていうのは期待しすぎなんだろうなぁ〜





新橋店よりネギも少なくてがっかりしたイカ天そば
| 神田東口店 | 00:50 | comments(0) | - |
7月24日 冷やしまかないそば
連日の猛暑でバテ気味のこの頃。

こんなときは精力をつけるに限るということで、冷やしまかないそばに。

冷やしまかないといえば、銀座店か神田東口ということになるが、今日は家から近い神田東口にした。







久々の冷やしまかないそばは期待通りするするとしたのど越しでさっぱりといただけた。

それにしても神田東口の天かすは新橋店のものとはちょっと違う。

新橋店の冷やしたぬきそばに入っている天かすは丸みがあるけど、神田東口のは、天かすがとがった感じで油断していると口の中を切ってしまいそうだ(笑)

まあ欲を言えばきりがないがほかの具材の量ももう少し多いと嬉しいところだけど^^



| 神田東口店 | 03:30 | comments(0) | - |
10月17日 冷やしたぬきそば

コメントに紹介があった神田東口店に椅子が備えられたというので行ってみた。

入り口のドアが開いていたので、店の中を覗いて見ると椅子が無い!

コメントによると平日の15時過ぎと土曜日は椅子が置いてあるはずなので、おかしいと思い別の入り口から覗いて見るとちゃんと椅子があった。

どうやら給水器の近くには椅子は置いてないようだ。



神田東口店は初めてかめやのそばを食べた店だ。

当然その頃は椅子は無く、文字通りの”立ち食い状態”だったけど、美味しい(立ち食い)そばに出会えたことが現在に繋がっている。

そんなけに思い出深い神田東口店で椅子に座って食べるのはなんか違和感があった。

秋葉原から歩いて来て少し汗をかいたので注文は冷やしたぬきそばにした。







同じ冷やしたぬきそばでも神田東口と新橋だとかなり違う。

一番違っていたのはたぬき(天かす)だった。

とにかく神田東口のたぬきは固い!

新橋のたぬきの食感が”サクサク”なら、神田東口は”ボリボリ”という感じだ。

新橋のたぬきが「ポテトチップス」なら神田東口は「固焼き煎餅」といった感じ。

神田東口のたぬきは、うっかりすると口の中を切ってしまう位だ。

あまりの固さに椅子の事などすっかり忘れてしまった(笑)

| 神田東口店 | 00:49 | comments(2) | - |
11月17日 〜特選冷やし山菜そば〜
所用で銀座に出かけたあとまっすぐ家に帰ろうかと思ったが、小腹もすいていた頃だったので神田で途中下車にして東口のかめやに寄った。



神田東口といえばここでしか食べられない「特選シリーズ」がある。
これまでに、冷やしたぬき、冷やしきつねと制覇しているので、最後の冷やし山菜を注文することにした。

立ち食いそばやの醍醐味のひとつに「注文する」〜「出来上がりを受け取る」〜「食べる」〜「店を出る」の流れのテンポよさにあると思う。
今回の場合は「注文」〜「出来上がりを受け取る」の間でのテンポが崩れたことになる。
今度の冷やし山菜でかめやのメニューの完全制覇になるはずだ。






まず最初に山菜を口にしてみる。
いつも山菜の苦さに苦戦しているがこの日の山菜は苦くもなく、むしろ甘みがあるくらいだった。
(なんか不思議だなぁ〜)と思いつつも、これなら問題なく食べられる。
気になったのは山菜よりも温泉たまごの固まり具合。
今日の温泉たまごはほとんど半熟に近い固さだったので麺と上手く絡めなかった。



食べ終えて完全制覇の余韻に浸っていると、壁に「冷やしまかないそば始めました」の張り紙が。
冷やしまかないそばは銀座店で何回も食べたことはあるが、神田東口店はどうなんだろうと興味がわいてきた。
まだまだかめやから目が離せないようだ。

| 神田東口店 | 10:16 | comments(0) | - |
またひとつ体験した 〜特選冷やしきつね〜
銀座での用事を済ませたあと小腹が空いたので銀座店に行こうかと思いつつ、秋葉原でも用事があったので神田で途中下車することにした。
神田といえば東口の「特選シリーズ」を食べるしかない。
というわけで今回は「特選冷やしきつね」を注文した。





きつね(油揚げ)が細く切ってある。
冷やしきつねの揚げは三角だと思っていたのでちょっとビックリ!
(これも店に(スタッフ?)によって切り方も違うのかな)と思いつつも、食べやすく切ってあることに感謝する。



今回は山菜がそれほど苦く感じられず、美味しく食べられた。
でも山菜が苦くないということは新鮮じゃないということなんでしょうか??



これで「特選冷やしきつね」も制覇したので、「特選シリーズ」で残るは「特選冷やし山菜」のみ!
特選というからには山菜の量も普通の山菜よりも多いんでしょうかね??
| 神田東口店 | 16:05 | comments(2) | - |
「特製」その「特性」とはいかに(笑) 〜特製冷やしたぬき〜
すっかり夏を思わせるような暑い日。
本当に今が5月であることを疑いたくなるようだ。
所要で銀座で用事を済ませ、秋葉原へ移動中に、ふと神田の特製冷やしそばを思い出して途中下車した。

店に入ったのは昼さがりののんびりした時間帯。
道路に面した入り口から入ると、入り口に近いセルフサービスの給水器の隣のスペースが開いていたのでそこに陣取る。
右手にあるメニューを見て再確認したあとで、特製冷やしたぬきを注文した。

特製メニューに関する情報はこのブログのコメント欄で入手済みなので心配することは無い。
強いていうならトッピングのバランスがどうなっているかということぐらいだ。



出てきた丼の中身をみて一安心。
苦手などのトッピングもバランスよく盛り付けられていた。

まず最初に山菜を口にする。
独特の苦味が口に広がる。
早めに山菜を片付けたかったけど、これだとちょっと厳しい。
仕方なく、トッピングを全部一気に混ぜてみた。

たまごの甘みと山菜の苦味が程よいバランスとなって、これなら問題無く食べられる。
本来の自分の食べ方とは異なるがしょうがない。
わかめ、たぬき(天かす)、山菜がそれぞれ違った歯ごたえで楽しませてくれる。
息もつくことなく最後まで食べきった。



これで神田東口店の特製メニュー3つのうち1つは制覇した。
残りは特製ひやしきつねと特製冷やし山菜だ。
ところで「特製」の理由に山菜のトッピングがあると教えてもらったけど、そうなると特製冷やし山菜には山菜が多く入っているのだろうか?
山菜が苦手な自分にとってはちょっと気になる特製である(笑)
| 神田東口店 | 01:25 | comments(1) | - |
予想外の大満足 〜上海老天そば〜
先週の土曜日、所用で銀座に出かけた。
用事が済ませて時計を確認すると2時30分頃。
休日ということで中途半端な時間にブランチをとったので小腹がすいてきた。
場所も都合がいいことにかめや銀座店のおひざもとだったので、銀座店によって立ち食いそばでも・・・と思ったが陽気に誘われて神田まで歩いていくことにした。

銀座〜神田間は山の手線の駅なら新橋→有楽町→東京→神田と4駅分になる。
距離にすると4〜5kmはあるかもしれない。
このところ少し運動不足気味なので、この位ならちょうどいいだろう。
それに少しでもお腹をすかせておけば、そばも美味く感じるだろうし(笑)
というわけで神田に向かってテクテクと歩き出した。

銀座は土曜日でも歩行者天国になっていて歩きやすい
歩行者天国ではロボットの格好をした大道芸人(?)が人気を集めていた。


歩行者天国を抜けて日本橋まで来る頃にはかなりヘトヘトになっていた(笑)


日本橋にも人力車があるのには驚いた。
いったいいくらで乗せてくれるのだろう?



日本橋から20分位歩くとようやく神田駅の東口に到着した。
自分感覚ではもう少し時間がかかるだろうと思っていたのでちょっとびっくりした。

予定通り神田東口店に入ってお目当てのメニューを注文した。


海老天が2本入った、上海老天そば。
数あるかめやの中でも最高の値段のそばだろう。(温泉玉子のトッピングで690円)
一度食べて見たかったのだが、その値段に圧倒されていままで手が出せなかった一品。
ちょうど給料も出たばかりだし、思い切って頼んでみた。

かめやの場合、かき揚げ同様他の揚げ物も店で揚げているのだろう。
海老天も新橋店のものと比べると大きい気がした。

でも衣ばかり大きい”ハリボテ”かもしれない。
まずは一口海老天を齧ってみた。


予想に反してプリプリした海老の食感!
それもかなり大きい海老だ!!
この海老天ならそのへんのそば屋の海老天に勝っているぞ!!!



しっかりした歯ごたえの大きな海老天2本のボリュームにお腹も十分満たされた。
このボリュームならランチとしても十分に満足できる。
ただ、気になるのは600円を超えるメニューが立ち食いそばとして考えると少し高い気もするところだろう。
立ち食いそばの場合、1コイン(500円)以内が基本だろうから、そのあたりで悩むところだ。
700円位出せば、ゆっくり座って食べられる普通のそば屋でもりそば位は食べられるだろうから。
個人的には”たまの贅沢”としてなら許されるじゃないかと思う。



神田東口店には他にも「特製」が付いたメニューが3種類あった。
「特製」と付くからには普通とはどこか違うのだろうけど、ちょっと想像がつかない。
かめやのメニューを全制覇すると決めたからにはこの神田東口店の「特製」シリーズも是非食べてみたいと思う。
| 神田東口店 | 11:34 | comments(3) | - |
かめやのメニューを全制覇するぞ企画 〜イカ天そば〜
先週末所要で久々に神田に出かけた。
ちょうど昼時でもあったので東口のかめやで食べることにした。
この企画のメインである新橋店のメニューは全部制覇していないけど、かめやには新橋店には置いてないメニューがいくつかあるという。
その中のひとつである「力そば」が神田東口にはあったと思うのでそれを目当てに行ってみた。

「すいません、力そば!」と勢いよく注文すると、
「力そばは置いてないんですよね〜」とあっさり切り返された。

以前神田東口店で力そばを食べている人がいた記憶があり、それで注文してみたのだが記憶違いだったのだろうか?
それともメニューがら消えてしまったのか?
力そばが無いからといって店を出るわけにはいかない。
仕方なく他にもまだ食べたことが無いイカ天そばを注文した。



イカ天といってもイカの天ぷらといよりも駄菓子のイカフライっぽい見た目。
3等分に切り分けられていて食べやすくなっているのは嬉しい。
まずは一口食べてみる。
イカは固くもなく程度に弾力もあってちょうどいい感じだった。

イカ天そばを食べる前はそばとの相性はどうだろうかと心配したけど、特に問題無し。
追加で頼んだ温泉玉子との相性もいい。
あっという間に食べ終わって店を出た。



店を出ても何か心に引っかかるものがある。
それは「力そば」の存在だ。
神田東口には力そばは最初から無かったのか、それともいつの間にかメニューから消えたのか・・・
力そばは他の店では食べることができるのか、それとも、もうどこでも食べられないのか・・・

そんなことを考えているとこの日食べたイカ天の印象がぼやけてしまった。
これではイカ天そばに申し訳が立たない。
力そばの存在がハッキリしたら、気持ちを切り替えてイカ天そばを食べることにしよう。

<関連記事>
| 神田東口店 | 10:09 | comments(10) | - |