+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
5月19日 冷やしたぬきそば

新橋のヤマダ電機での買い物を済ませた後で、かめやに入ったのが午後3時くらい。

店の中はお客が一人だけで、いつもの土曜日の様子。

カウンターに進んで「冷やしたぬきそば」と普通に注文すると、厨房の中にいたスタッフが「あっ!」と大きな声を出して、少し驚いた様子をみせていた。

 

そばを受け取りいつもの席についてそばを食べ始めたが、頭の中ではさっきの「あっ!」が気になって仕方がない。

 

 

 

 

確かそのスタッフはかき揚げの仕込みらしき事をしていたようだ。

 

よっぽど作業に集中していたところに急に注文が入ったのでそれで驚いたのだろうか?

 

それにしては驚きすぎの感じがしないわけではないと思う。

 

それにしても、あの「あっ!」は何かまずいところを見られた時の様な驚きとバツの悪さが入り混じったような「あっ!」だった。

 

もしかしてスタッフ同士で「最近あのお客来ないですね〜」と自分の噂話でもしてたのだろうか?(笑)

 

仮にそうだとしても、やっぱり、あの「あっ!」は無いと思う(笑)



今日の冷やしたぬきそば

| 新橋店 | 23:58 | comments(0) | - |
5月12日 天玉そば+おにぎり

今月初めてのかめや。

 

今日はいつもの土曜日よりもちょっと早く昼の12時ちょっと前にかめやに寄ることができた。

 

店に入ると懐かしい早番のスタッフが。

 

その中に見慣れないスタッフがフライヤーの前でかき揚げを揚げていた。

 

よく見るとそのスタッフは女性だったのでビックリ!

 

そういえば以前新橋店に女性スタッフが居たけど、その女性スタッフを同一人物なのか後ろ姿では判別できない。

 

その新人(?)スタッフを気にしつつもそばを受け取り自分の定位置の入り口近くの席で外を向きながらそばを食べ始めた。

 

今日の天玉そば+おにぎり1つ

 

 

気になる女性スタッフが以前新橋店で働いていたスタッフなら揚げ物を任されるようになったのは出世したのだろうと思う。

 

あるいは以前の女性スタッフじゃないかったとしても、揚げ物を任せられるのはなかなかのキャリアの持ち主なので、それはそれで頼もしい。

 

そんなことを思いつつそばをすすっていると、厨房の中の会話が聞こえてくる。

 

会話のイントネーションから推測するとアジア系の感じがしないでもない。

 

そんなことを思っているといつの間にか食べ終わっていたので、器を厨房に返しに行った。

 

(もしかしてその素顔が見られるかも・・・)

 

結局彼女は最後までフライヤーに向き合ったままで、素顔を拝むことはできなかった。

 

でもなんとなくかめやに行く楽しみが増えたような気がする・・・(笑)

 

| 新橋店 | 23:50 | comments(0) | - |
4月28日 天玉そば
GW期間中は鎌倉や浅草に遊びに行ってきました。

肝心のかめやはというとGW初日の4月28日に行ったきりでした・・・

時間を有効に使えばあと1〜2回くらい行けたのでしょうけど、外出した翌日は家で大人しく過ごすというパターンになってしまいました。

これも年齢のせいでしょうね(苦笑)



今月から会社の出勤シフトが変わって(元に戻って)、平日の朝にかめやに寄れなくなり、今月かめやに行けるチャンスは土曜日だけです。

5日はGW期間中の休みで潰れてしまったので、回数としては残り3回(5/8時点)。

土曜日は何かと用事でつぶれることも多いので、残り3回のうち何回行けるか・・・

このブログの更新も滞りそうです・・・(苦笑)



4月28日の天玉そば

| 新橋店 | 13:29 | comments(0) | - |
4月23日 玉子そば
かめやに寄ることができる出勤シフトも4月一杯までとなった。

ということは来週(=来月)からは平日の朝にかめやに寄ることができないので、先週の土曜日に寄ったばかりだが、「最後の朝かめや」ということで出社する前に寄り道してみた。

土日の陽気に比べると肌寒くさえ感じる今朝の東京地方。

ここはさすがに天玉そばを注文しようと電車に乗っている間から決めており、電車が新橋に到着するのを心待ちにしていた。

駅の改札を抜けて店に入る。

朝のラッシュ時間帯を過ぎていたようで店内はガラガラ。

注文しようと財布を取り出し小銭を確認すると430円しかない!

メニューの看板で天玉そばの値段を確認すると無常にも天玉そばは440円だった

小銭をよ〜く確認してみると100円玉が4枚、10円玉が3枚、5円玉が1枚、1円玉が4枚・・・

440円には1円足らないことが判明したため、結局注文を天玉そばから玉子そば(340円)に変更。

すっかり”天玉そばの口”になっていたので、これほど切ない玉子そばを食べたのは初めてだった(笑)

もちろん財布の中の全財産が439円ということではなく、1000円札を使って天玉そばを注文することもできたのだが、小銭が増えるのが嫌だったので玉子そばに変更した次第だ。

こんなときは(かめやもsuicaなどの電子マネーを扱っていてくれれば・・・)といつも思ってしまう。


切なさいっぱいだった今日の玉子そば



【お知らせ】かめやは5月4日(金)〜6日(日)でGW休暇です。
| 新橋店 | 10:09 | comments(0) | - |
4月21日 かき揚げせいろ

真夏日になろうかと思われるほど暑かった東京地方。

 

東京駅近くで所要を済ませたあと、新橋まで歩いて行った。

 

ほどよく汗をかき、腹も減ったところでかめやへ。

 

(この暑さじゃ・・・)といつもの温そばでは無く、かき揚げせいろを注文した。

 

 

 

店に入ったのが15時ちょっと前。

 

休日の昼下がりのかめやは予想通り閑散としていた。

 

注文を済ませると例によって厨房のスタッフが「多少時間がかかりますよ」と答えてくれた。

 

(ああ、またそばを茹でてくれるんだろう・・・)と思っていると、どうやらそばを茹でてくれただけではなく、かき揚げも新しく揚げてくれていた!

 

以前かき揚げせいろを食べた時(といっても10年以上前だが)はそばに冷めたかき揚げが乗っていたものだったが、どうやらずいぶんとバージョンアップしているみたいだ。

 

(もしかして、揚げたてのかき揚げが食べられるのか・・・)と思いながら待っていると、調理担当ではないほうのスタッフの動きが少しあわただしくなってきた。

 

お盆に乗せたネギ皿、ダシの器、コップの配置を何度も調整している。

 

やっと自分の思うような配置を整えられたと同時にそばとかき揚げ出来上がってきて、お盆の上が一気に一杯になった。

 

今日のかき揚げせいろ

 

この状態で小鉢とごはんが乗っていたら立派な「そば御膳」の出来あがりだ(笑)

 

お盆の上に乗せられた器をこぼさないように慎重に席まで運んでいざ実食!

 

 

まずはかき揚げを食べてみる。

 

やはり揚げたてだけあってサクサクして美味い。

 

中身の具材さえもっと充実していたら、そこらのそば屋よりなぞ比べものにならないほどの美味さだ。

 

そばのほうは安定したクオリティでこちらは言うことなし。

 

嬉しくなって普段はあまり使わない蕎麦湯でダシを飲んでしまったほどだ(笑)

 

 

これならまたかき揚げせいろを食べてもいいかと思わせるほどのクオリティ。

 

10年以上も食べないでいたことを後悔してしまうほどの出来でした。

 

参考までに10年以上前に食べた時の記事も載せておきます。

 

その違いは一目瞭然でとても同じメニューとは思えません(笑)

| 新橋店 | 23:50 | comments(0) | - |
4月3日 玉子そば
4月になって出勤シフトが少し変わり火曜日と木曜日は朝、かめやに寄ることが可能となった。

そこで早速久々出勤前にかめやに寄ってみた。

4月の上旬恒例の新入社員らしきお客がいるかと思ったが、店内に居たのは見るからにベテラン風社員や夜勤明けと思われるような一癖あるおじさんばかり。

そんな中目についたのは一組の夫婦だったが、この夫婦も外国人観光客という曲者だった。



順番待ちの間、外国人夫婦の旦那が店内に掲げてあるメニューの写真を撮っていた。

日本の立ち食いそば屋に来た記念に写真でも撮っているのだろうと思っていると、旦那が撮った写真をスタッフに見せながら何か言っている。

外国では食べ物の規制が厳しい国もあるので、そうしたことかと思っていると、写真を指差しながら「This One、This One」と言っている。

どうやら注文したいメニューを言葉ではなく写真で伝えようとしているのだった。

(なるほど〜そういうことかぁ〜! 言葉が通じない場合は賢いやり方だなぁ〜)と思わず感心した。

その旦那は自分の注文が通じたせいか、嬉しそうに天玉そばと海老天そばを受け取って奥さんが待つ席に向かって行った。



外国で食事をする場合にメニューの文字だけで注文するのはどんな物が出てくるのか不安だと思う。

その点写真を見て注文すれば自分がイメージした物と大きく外れることはないだろうから、食べたいものを注文する方法としてはいい方法だろう。

ただし、メニューの写真と実際に出されたものが違うという話は飲食店に限らず大いにありえることは忘れてはならないけど(笑)


今日の玉子そば


| 新橋店 | 15:29 | comments(0) | - |
3月27日 天玉そば
3月初めてのかめや。

今月は抜歯をしたり冬に逆戻りした様な寒さで家に引きこもったりして、なかなか土曜日に外出できなかった。

今日はたまたま仕事の都合で外出する機会があったので、目的地に向かう途中で新橋で途中下車してかめやに寄ることができた。



店に入ったのは15時頃。

平日のアイドルタイムとあって店内はガラガラ。

この後の仕事のことを気にしつつも久々なので天玉そばを注文した。




今日の天玉そば


丼の半分を覆いつくすほどのかき揚げにビックリ!!

思わず「玉子そばにすればよかったかも・・・」と思うも意を決してかき揚げに食らいつく。

さすがにサクサクのかき揚げではなかったけど、食べなじんだかき揚げに思わず(これだよ、これこれ!)と感激すした。



久々に味わったビッグサイズのかき揚げに多少胸焼けしながらも客先に向かう。

新橋駅に向かう足取りも心なしかいつもよりペースが遅い。

駅に向かいながら(花粉症予防でしているマスクだけど、今日はお客様の前でも外せないなぁ〜)と思いつつ地下鉄への階段を下っていった。

| 新橋店 | 09:31 | comments(0) | - |
2月17日 玉子そば

土曜日の昼下がりにかめやへ。

 

店内は先客が2人ほど。

 

玉子そばを注文すると、そばの茹であがりで待たされる。

 

当たり前になってきた「そばの茹で待ち」の間、店内を何気に見回していると、今日も店内クリーニングの光景に出くわした。

 

前回の店内クリニーニングでは壁の掃除中だったが(17年11月25日参照)今回はなんと箸立てを綺麗にしているところだった!

 

中身の箸を全部取り出して、箸立てを洗剤が入ったシンクに浸けていた。

 

最後まで確認したわけではないが、きっと箸立てを洗って、乾かしてまた元にもどすのだろう。

 

七味入れと箸立て

 

自分も学生時代に飲食店でアルバイトをした経験はあるが、箸立てそのものを洗ったことなど記憶にない。

 

そもそも箸立て自体がそうそう汚れるとも思えないのだが、清潔を大事にする飲食店では当たり前のことなのだろうか?

 

まあ、箸立ての掃除自体定期的ににおこなっているのではなく、今日たまたまその場面に遭遇しただけかもしれないけど、かめやが清潔を大事にする一面を見たような気がしてなんとなく安心したような気分になったのも事実である。

 

こうした貴重な場面に遭遇できたのも土曜日の昼下がりならではのことだろう。

 

 

今日の玉子そば

| 新橋店 | 23:57 | comments(2) | - |
2月3日 天玉そば

2月最初のかめや。

 

一昨日の雪はすっかり無くなっていて、いつもと変わらない土曜日の昼下がり。

 

15時頃店に入ると案の定先客はひとりだった(笑)

 

 

 

今日の天玉そば

 

かめやのかき揚げの大きさには定評があるが、今日のはまた一段と大きな気がした。

 

出来立てではなかったので食感は”サクサク”というより”カリカリ”といった感じ。

 

例えるなら「固揚げポテト」に近い食感だった。

 

そんな「固揚げポテト」をダシに浸して柔らかくして食べる。

 

かき揚げがダシを吸って柔らかくなって食べやすくなったが、その分そばの方にダシが少なくなってちょっと食べづらくなった。

 

昨年最後のブログ記事で「来年はかき揚げせいろにチャレンジしてみたい」とか書いていたけど、このかき揚げをせいろのダシだけで処理できるかちょっと不安になりました(笑)

 

| 新橋店 | 22:42 | comments(2) | - |
1月20日 天玉そば

久々のかめや。

 

店に入ったときは午後2時45分頃。

 

土曜日の昼下がりにしては珍しく先客が4人も居た。

 

店に居たのは、土曜日でも仕事で忙しく遅い昼食を摂っているサラリーマン風、なぜかかめやで時々見かける高齢の上品そうな婦人、食べながらでもスマホばかり弄っている若者、土曜日の昼下がりにピッタリの気怠そうなご隠居風のおじさん。

 

年齢も職業も職業も性別のバラバラな人たちが、一杯のそばを求めてやってきている。

 

 

 

 

 

久しぶりに天玉そばを注文。

 

今日は最近のかめやでは珍しく麺もかき揚げも”作り置き感”があるものだった。



今日の天玉そば

 

 

 

そばが出来上がって食べていると、食べ終わった先客が厨房に器を返しに来る。

 

そして気が付けば自分一人だけが店に取り残された状況になった。

 

あともうひとつ気が付いたことが。

 

器を返す際に全員が必ず「ごちそうさま」と言ってたこと。

 

かめやがお客さんから愛されているのはこんなところだろう。

 

| 新橋店 | 23:58 | comments(0) | - |